〒955-0082 新潟県三条市西裏館2丁目15番74-1号(北三条駅より徒歩6分、イオン三条店より徒歩2分)

お気軽にお問合せください
受付時間:10:00~19:00
定休日、不定休

【予約制】お電話でのご予約・お問合せ

0256-68-9109

筋膜について

筋膜はただの筋肉を包んでる膜ではありません

皆さん聞きなれない方が多いと思う「筋膜」という言葉ですがこのネーミング自体が多少誤解を招く言葉でして、姿勢の維持や運動機能改善、健康の維持、痛みの解消、内臓の機能不全の解消などに重要な要素となってる事が近年明らかになってきてます。

 

 

筋膜の様々な役割と特徴

筋膜は第二の骨格

1、筋膜は第二の骨格

 筋膜は伸縮性と粘弾性のあるメッシュ状の膜で筋肉の表面から深部まで何層にも渡り筋繊維を包み込んでいます。

また筋膜は筋肉だけでは無く靭帯・骨・関節・内臓などすべての器官も包み込み、足の先から頭まで、全てを連結させ、支持、保護している膜組織です、脳や脊髄(せきずい)を守る「髄膜(ずいまく)」、心臓を守る「心膜(しんまく)」、肺を守る「胸膜(きょうまく)」、消化器系を守る「腹膜(ふくまく)」等、骨を包む「骨膜」様々な膜がありますがここら辺全部が筋膜の1種です


このように人体の各部は「膜」で区切られて、守られて、支えられているという事です
(走ったり飛び跳ねても内臓があっちこっち行かないのはそのお陰)
 

ですから筋膜は「第二の骨格」と言われ、膜の張力により姿勢を維持する支えとなっています。

2、筋膜は全身のスムーズな動きを可能にしている

筋膜はタンパク質のコラーゲンとエラスチンによってできています
皆さん、コラーゲンは聞いた事ありますよね。
筋膜内ではこれらはどちらも網目状の繊維となっています
そしてその間は、サラサラした液状の細胞間基質(間質)(さいぼうかんきしつ(かんしつ))で満たされています

コラーゲンでできた網は皮のベルトの様に強度があって、筋膜の形を保つ役割、またエラスチンでできた網はゴムチューブの様に伸び縮みするから、筋膜を柔軟にしてくれています
エラスチンには更に形を記憶する能力があるから、運動して伸びても元の形に戻ってくれるという役割もあります。

「柔軟で伸び縮みする強い膜に覆われているから、人間の身体はスムーズに運動したり、意識しなくても姿勢を保つ事ができる」という事です。
我々がスムーズに動けるのは、筋膜が伸び縮みするお陰なんですね

3、体のさまざまな痛みは実は筋膜からきてる事が多い

 「筋肉はほとんど痛みを感じない」そんな事は無いと思えるかもしれません。しかし筋肉ばかりか骨もそうです。軟骨にいたっては神経すらありません。
しかし骨が折れても、肉離れをしてもすごく痛いのはなぜでしょうか?答えは膜線維です。筋は筋膜・骨は骨膜、お腹の中は腹膜。名称は異なりますが、これもすべて筋膜です。
膜線維は身体の隅々まで包み込み身体の異常を感知し、神経線維に痛みを伝えるセンサー(痛覚受容器)が沢山存在しています。
センサーだけではなく筋膜には痛覚神経も多くあり、その数は筋肉の約10倍もあります。
そのセンサーと痛覚神経は筋膜に異常が発生すると痛みを発症させます。皆さんが痛いと思っている筋肉の痛みは筋肉痛では無く実はほとんど筋膜痛なのです。

また筋膜には温度や触圧覚等の外部からの刺激を受け取るセンサーや、関節の傾き等をはかるセンサーが付いています、それらもとても大切な役割をになってます。

繊細な動きは筋膜の働きにより可能

4、筋膜には各筋肉の運動をまとめて、一つの動きとして制御する機能がある

人間が、とても細かい力加減で動作ができるのは、今までは全て脳による命令だと考えられていました、でも最近の研究では、バラバラに存在する筋肉同士が上手く連携できているのは、筋膜がまとめ役になってくれているからだ、と解ってきました。

全身を筋膜単位で考える事が、運動学の基本になってきつつあります、人間が行っている繊細な動作や動き、例えばスポーツや楽器演奏などで見られる見事な体の動かし方は神経や脳だけではなく筋膜が大いに貢献している、という事です。

 

 

免疫力の強化にも有効!

5、筋膜は免疫機能にも関係している

 筋膜は細胞にかかる外からの張力と圧を検出し、この情報を直接筋膜が包んでいる細胞に伝えるレセプターと一体になっています。
このことにより筋膜が包んでいる細胞に対して必要に応じて順応するように指示を出す司令塔のような仕事もしています。

例えば筋膜が緊張している状態では、炎症物質を分泌させるように指示を出します。
逆に筋膜が正常に機能していると、筋膜と結合している部位を損傷した場合に治癒するように情報を伝達します。
このように免疫機能は炎症反応と大いに関係してますから免疫系にも筋膜は関係しているということです。

原因不明の難病、線維筋痛症に関係する1つの要因か炎症反応の異常亢進であることが明らかになっていますが筋膜の異常も多分大いに関係してると思われます。

 

 

筋膜には平滑筋が存在

6、その他の特徴

 筋膜には平滑筋があります、平滑筋は主に内臓などに存在する筋肉で、自分の意思とは関係なく必要に応じて収縮し、臓器を最適な状態にします。
筋膜にはその緊張や筋膜周囲の構造に適応するのを助ける平滑筋があるということが明らかになりました。

筋膜が急にあるいは長時間伸長された場合、抵抗性が増し、その結果、その伸長に対して平滑筋が過剰に収縮し、縮みます。

 また筋膜には様々な感覚のレセプターがあります。
施術によりこのレセプター(受容器)を刺激することで、自律神経機能に変化が起こり、筋膜の硬さや代謝が変化し、全身の筋が緩んだり、さらには感情の鎮静化も起こります。

 

 

筋膜の施術とは

筋膜のリリース(解除)

1、痛みに対して

 本来は伸縮性と粘弾性をもった筋膜ですが、ケガ・炎症・過度の使用・不良姿勢・動かない、などにより伸縮性や弾力、柔軟性の低下やねじれ・ゆがみ・癒着など、変化が生じます。変化した筋膜は痛みを誘発し関節の動きにも悪い影響を与えます。

 変化した筋膜が修復されずにいるとその筋膜は他の筋膜に対しても癒着や歪みを広げていきます(筋膜同士は互いに連動し繋がっていますから)

その変化した筋膜に包まれている筋肉は動きが制限され収縮運動の低下を招き硬くなり、それに伴いリンパ液の流れや血液循環の障害を引き起こします。

筋膜の変化は時間経過と伴に水分脱失や無秩序な線維化・肥厚が進み伸縮性や弾粘性をさらに失い固定化します。痛みの広がりや機能低下が進み慢性疼痛という道筋をたどる結果となってしまいます。

これは筋肉だけの事ではなく、関節・靭帯など膜組織に覆われたすべての場所に起り得ます。
固定化された筋膜はマッサージや温熱治療を施しても一時的緩和は望めますが線維配列や癒着が改善されないため、すぐに症状は戻り繰り返しの施術を余儀なくされます。従来の筋膜への施術は揉んだり温めても効果がでないばかりか症状を悪化させる場合もあります。

そこで筋膜の施療はリリース(解除する)という考えが必要になります。それには深度・方向性・時間という筋膜に特化した手技が必要不可欠となります。

筋膜は形状記憶する

2、姿勢や体の形、動きに対して

 筋膜は正常であれば、筋肉を保護するなどの役割があるのですが、収縮して硬くなったり、筋肉との癒着が生まれる場合があります(筋膜には形状記憶の性質があるため)。
また癒着は筋膜に含まれるコラーゲン繊維が結合して生じます。癒着の原因は以下のようなものです。

・長い時間同一姿勢のままでいる
・不良姿勢
・特定の筋肉のみを使っている
・運動不足
・スポーツや事故等による負荷やケガによるダメージの蓄積
・休息のとり方や栄養&水分補給に問題がある
・心理的ストレス

筋膜の形状を書き換え記憶させるのは通常は非常に時間がかかります。
生活習慣だけで変えようとするとなかなか難しいのが現実です(姿勢とか色々気を付けていても長年坐骨神経痛などに苦しめられてる方など多くいらっしゃいます)

筋膜ストレッチや施術によるリリースでその時間は短縮できますが、それには正しいやり方が必要となります。

 

 

原因以外の場所が痛むことも

3、筋膜はつながっている

 筋膜には筋筋膜経線と呼ばれるラインがあります。
これらのラインは筋膜の歪みや緊張を全身に伝え、動作をする時の筋肉の運動もサポートします。
筋膜のこれらのラインは、1つの筋の付着部を超えて結び付けています。

悪いことに、その線に沿った歪みは、筋筋膜経線すべてに伝わり、元々の歪み部位以外のどこかに痛みや機能障害を引き起こす可能性があります。(痛いところから離れた場所が実は原因という事も多々ある)

イメージとしてはハンカチや布生地の端を指で固定して、反対側の手で生地を引っ張るとシワができます。この様なことが身体でも起きています。
その結果、筋膜に癒着や歪みが起きるとその場所に痛みが出ます。

 癒着や歪みが生じた筋膜に包まれた筋肉や関節も可動性が低下します。そのためにその場所はピンで止められた様な状態になり、他の筋肉が活動すると布地のように他の筋膜が引き込まれ癒着や歪みが新たに形成され痛みが広がります、筋膜調整は筋膜のラインにそった施術が有効なゆえんでもあります。

 

痛みの原因は何?


 4、筋膜の不調は痛みの隠れた原因の可能性が高い

 上記のような痛みの広がりが神経走行と近いため神経障害と間違えられることがしばしばあるのですがこの様な現象は身体のどこの部分にも起きます。

ヘルニア等で神経が圧迫しているのが原因と診断され治療を受けたり手術を勧められている方でも実は筋膜由来の症状であった、などということもありえます。

従来からの神経圧迫などの損傷モデルは痛みの治療の考え方としては世界的には少し時代遅れな考え方になりつつあるようです。
「手術をしても良くならなかった」という話よく耳にします。それは神経では無く筋膜が原因による症状の場合も多々あるのではないでしょうか、そういった場合適切な筋膜に対する施術はとても有効となりえます。

 

 

以上かなりの長文となりましたが筋膜の説明をさせていただきました、筋膜の重要性、お分かり頂けたら幸いと思います。
当院は整体での施術では筋膜が決定的に重要であろう、との考えから独自の垂直均等持続圧での施術中心にトリガーポイント療法、マッスルエナジー、なども用い筋膜調整をメインに施術を行っております。

 

 

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ

0256-68-9109

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/2/19 
音叉療法のページ追加しました
2020/12/10
西裏館整体院の公式店舗アプリ開設いたしました

2020/10/08

筋膜について
生理歩行
更年期障害
などのページ公開しました

2020/04/30
新ホームページを公開しました

院長ごあいさつ

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

アクセス・受付時間

住所

〒955-0082
新潟県三条市西裏館2丁目15番74-1号

アクセス

北三条駅より徒歩6分、イオン三条店より徒歩2分

受付時間

10:00~19:00
【予約制】

定休日

不定休